マンション管理組合に対する会計調査・内部統制構築コンサル

会計調査とは?

マンション管理組合に対する会計調査とは、管理費会計・組合費会計・修繕費会計の入出金の調査を外部の公認会計士が行うことです。

公認会計士は日々の監査業務を通じて、沢山の不正事例を見てきています。

その経験を活かして、不正に繋がりそうな異常な取引や現預金の残高を直接公認会計士が確認させて頂く手続きです。

外部の専門家が調査に入っているという心理的圧迫により、不正に繋がる行為を未然に防止でき、また、仮に不正が行われていたとしても早期発見に繋がり、結果的にマンション管理組合の被害は最小限で食い止められます

内部統制構築コンサルとは?

マンション管理組合に対する会計調査は、公認会計士が直接確認手続きを実施しますが、外部の専門家に業務を依頼するには、お金がかかるため、すべての不正懸念事項に対する調査手続きを実施するのは不可能です。

そこで、マンション管理組合では、ご自身での入出金の管理業務の徹底(これを内部統制の構築といいます)が必要になります

入出金の管理業務の徹底が出来れば、目的外の支出や別口座への入金がしずらくなり、結果的に使い込みなどの不正を大幅に減らせることができます

入出金の管理業務を徹底するために公認会計士が体制整備のお手伝いをするのが内部統制構築コンサルになります

当会計事務所ができること

当会計事務所では、マンション管理組合のご予算とご要望をお伺いして、会計調査・内部統制構築コンサルのお手伝いをさせていただきます

例えば、経理業務や管理業務を理事等が直接行っているのか、管理会社等に依頼しているのか、管理会社に依頼しているのならば、どの位管理会社に依存しているのかなどで会計調査の手法・内部統制の構築方法が大幅に変わってきます。

一つ一つのマンションごとに状況が異なりますので、一緒に不正を減らすために最適な方法を考えていきましょう。

また、貴管理組合側ですでに依頼したい手続が決まっていれば、それをお伝え頂き、ピンポイントで手続きを実施することも可能です。

例えば、会計調査として、「各会計の期末残高を通帳や銀行発行の残高証明書と照合してください」や内部統制構築コンサルとして、「請求書等に基づく出金管理業務の確認フローの構築をお願いします」などでも対応致します。

当会計事務所の強み

公認会計士が業務責任者

元々、大手監査法人に在籍し、仕訳・内部統制のチェックをおこなっていた公認会計士が会計調査・内部統制構築コンサルの責任者になります

会計調査・内部統制構築コンサル業務遂行の円滑化も見据えて、適時・的確なアドバイスができることを心がけています

マンション管理組合に対する専門知識がある

タワーマンションなどに対して大規模な会計調査・内部統制構築コンサルを経験した公認会計士が複数在籍しています

一般の事業会社と違い、マンション管理組合に対する会計調査・内部統制構築コンサルは独自の知識が必要になる場合が多いです。

また、マンション管理組合に対する会計調査・内部統制構築コンサル業務は区分所有者や管理会社など利害関係者が多いため、非常にデリケートな業務になりますので、細心の注意を払い、業務を行っていきます。

経験がある若手が主体

当会計事務所は40代前後の公認会計士が主なメンバーになります。

独立している公認会計士の中ではかなり若手の部類に入りますが、それ故、バイタリティに溢れ、フットワークは軽く、相談に対して粘り強い対応ができます

なお、若手と言っても、実務経験は全員10年以上になりますので業務知識に関しては安心してご相談ください。

報酬について

厳密な報酬はお客様の予算金額・実際の会計調査・内部統制構築コンサルの作業量を勘案して面談時に算定させて頂きます

なお、参考までに、1時間当たりの報酬単価を記載させて頂きます。

最終的な見積り金額としてはこの単価×作業時間になります。

【貴マンションでの作業の場合】

職種
金額(1時間当たり)
公認会計士
12,000円(税抜)
補助者
6,000円(税抜)

【当会計事務所での作業の場合】

職種
金額(1時間当たり)
公認会計士
10,000円(税抜)
補助者
5,000円(税抜)

会計コンサル業務対応地域

全国どこでもを対応致します

ただし、遠方(東京駅より60キロ以上)の場合は出張費として実費を頂戴いたします。

業務受託までの流れ

お問い合わせフォームの記入(貴管理組合)

面談をスムーズに行うために、まずは必要情報を下記のお問い合わせフォームに入力してください

日時・場所の調整(当会計事務所)

お問い合わせフォーム到着後、当会計士事務所より折り返しご連絡の上、面談の日時・場所について調整させて頂きます
面談場所は、当会計事務所(中央区日本橋小伝馬町駅徒歩1分)を基本としておりますが、繁忙期でなければお伺いすることも可能です。

面談(貴管理組合&当会計事務所)

面談を行い、どの位の見積り金額で業務を引き受けられるかをお伝え致します

見積り内容のご検討(貴管理組合)

面談の結果、ご提示させて頂いた見積り内容についてご検討下さい
不明点があればお気軽にご連絡頂けると幸いです。

契約締結(貴管理組合&当会計事務所)

貴管理組合と当会計事務所の双方の合意の元、契約を締結いたします。

業務開始(貴管理組合&当会計事務所)

契約に基づき、業務を開始させて頂きます。

よくある質問事項

どんな不正行為を想定すればいいですか?
マンション管理組合に絡む不正行為は主に以下の3つの形態に分かれます。
①入金額(管理費・修繕費)の入金前の着服
②出金額(経費)の水増しによる着服
③身内等の業者を通したキックバック
不正手段については、色々考えらますが、まずは上記3つの形態の不正行為を認識すべきでしょう。
どれ位の効果がありますか?
残念ながら、すべての不正行為を防止・発見することはできません(主に第三者と共謀されると発見が難しくなります)。

ただし、内部統制の構築がきちんと出来ていていれば、不正行為を行うこと自体が難しくなります

さらに、外部の公認会計士の会計調査(チェック行為)まで入ると、抑止効果が高まり、不正防止に関して、さらに大きな効果が期待出来ます

内部統制構築は管理会社や経理担当者に嫌がられませんか?
入出金の管理業務の内部統制が無いところから内部統制を構築する場合、経理実務業務を担当している方の作業量が増加するため、反発を受けることも多いです。

また、日常行ってきた経理業務の一部を否定せざる負えないこともあります

そのため、当公認会計士事務所で業務を受託した際には、趣旨をきちんと説明し、出来るだけ納得して頂けるように努めています

また、内部統制は厳しくすればするほど、不正リスクは小さくなりますが、その分、日常業務担当者に圧迫感を与える原因にもなります

当会計事務所で業務を受託した場合は、不正リスクを小さくしつつ、過度な圧迫感を与えない程度の落としどころを見つけていきたいと考えています。

どの位の費用がかかりますか?
受注する作業の内容次第なので、一概には言えませんが、内部統制の構築コンサルは30万円~40万円程度(公認会計士2名で往査日数2日程度)会計調査は20万円程度(公認会計士1名と補助者1名で往査日数2日程度)になることが多いです。

なお、内部統制の構築は一度導入出来てしまえば、基本的に更新がいらないので、一度きりの業務になることが多いです。

会計調査は毎年行った方が良いですが、最低10万円弱(公認会計士1名で往査日数1日程度)で終わることもあります

貴管理組合側で費用対効果を考えて、ご相談頂けると幸いです。